事業案内

韓国 産業通商資源部 (Ministry of Trade, Industry and Energy) 管轄・認証
リチウムイオン電池

韓国では2009年7月から携帯機器用リチウム2次電池が「自律安全確認工産品の安全基準」の対象製品になります。

当社ではリチウム電池の試験および認証取得代行のサービスを提供しております。
>>費用等につきましては、お気軽にお問い合わせください。

KCマーク

認証および試験の詳細

関連法律及び技術基準 =改定情報=

  • 品質経営及び工産品安全管理法19 条“自律安全確認対象工産品”適用
  • 技術標準院告示第2008-1019 号に基づき、2009 年7 月1 日から適用
  • 技術基準:自律安全確認付属書05“第2 部携帯機器用リチウム2 次電池の安全性”

適用範囲

  • 携帯機器用のリチウム2 次単電池(Cell)で、体積当たりのエネルギー密度が400Wh/L 以上のもの
  • 単電池で組み立てられた電池(Pack)
  • ナビゲーション機能がある携帯機器に使用されるリチウム2 次単電池及び電池で、 体積当たりのエネルギー密度と関係なくすべてが対象

※対象外:車両駆動用、産業用、医療用(携帯用の医療機器は対象)、ボタン型

認証制度施行

  • 試験実施日:2009 年4 月23 日~
  • 認証施行日:2009 年7 月1 日

※7月1日より前に試験が完了している場合は、ラベル作成の為の仮認証番号を付与

試験機関及び認証機関

  • 試験機関:
    ・KTL (韓国産業技術試験院)
    ・KETI (韓国電気電子試験研究院)
    ・KERI (化学電気研究院)
    ・KTR ((財)韓国科学試験研究院)
  • 認証機関:
    ・KEMTI (韓国生活環境研究院)
    ・KTL (韓国産業技術試験院)
    ・KTR ((財)韓国科学試験研究院)

認証申請者

  • 韓国内で製造される場合:韓国内の製造業者
  • 海外で製造される場合:韓国内の輸入業者

販売できる時期

  • 韓国内で製造される場合:出荷時
  • 海外で製造される場合:通関時

認証の手続き

準備資料

  • 試験サンプル(試料数参照)
  • 事業者登録証(輸入業者)
  • 自律安全確認安全検査申請
  • 自律安全確認申告書
  • 製品説明書(韓国語)
  • 単電池及び電池製造者の仕様書
  • ラベル図案(表示事項を参照)

試験期間、試料数

試料区分 試料数 試験期間
単電池 (cell) 25個 2週間(レポート発行まで)
組電池 (pack) 10個 2週間(レポート発行まで)
※ナビゲーション用の電池:上記試料数+3つ追加

表示事項

区分 表示事項 表示場所
KCマーク
図案表示

申告番号:

工産品の表面
又は、最小包装
<印刷又は刻印>
電池
(Pack)
・電池の種類
(例:リチウムイオン2次電池、リチウムイオンポリマー2次電池)
・モデル名
・公称電圧
・定格容量
・製造者名
・輸入者名(輸入品に限る)
・製造年月
・製造国(韓国で製造されている場合は、省略可能)
・製品の保証期間(推奨事項)
電池表面
<印刷又はステッカー>
取り扱い上の
注意事項
<警告>
発熱、火災、爆発などの危険を伴う場合がありますので、次の事項を守ってください。
a) 肉眼で識別ができるほど膨張した電池は危険なので、製造者又は販売者にただちに問い合わせをする
b) 指定された充電器のみ使用する
c) 火気があるところに近づけない(電子レンジに入れない)
d) 夏、車の中に放置しない
e) サウナなどの高温多湿なところで保管、使用しない
f) 布団、電気カーペット、カーペットの上に置いて長時間使用しない
g) 電源を入れたまま、密閉された空間で長時間保管しない
h) 電池端子にネックレス、小銭、鍵、時計などの金属製品を近付けないようにする
i) 携帯機器、製造メーカが保障したリチウム2次電池を使用する
j) 分解、圧懐、貫通などの行為をしない
k) 高いところから落とすなどの衝撃を与えない
l) 60℃以上の高温に露出しない
m) 湿気に触れないようにする
製品、包装
又は使用説明書
<印刷又はステッカー>
その他の情報 -廃棄指針
-充電方法に関する推奨指針
電池表示又は
電池と一緒に提示
KCマーク
図案要領
  • -図形の大きさは工産品の大きさによって調整可能
    縦と横の比率は次の通り

  • -色は、青(PANTONE 288 C)
    又は、黒(PANTONE BLACK 6 C)